ファンダイビングのライセンス取得に関する注意事項

ファンダイビングのライセンス取得に関する注意事項 友達やや恋人と海の綺麗な海外旅行に行った際に、記念に体験ダイビングに参加した経験のある人もいるでしょう。
もっと深くて綺麗な場所を体験したい、海の中への探求心は募ります。
そんな人にはファンダイビングがぴったりです。体験ダイビングは水深もポイントも制約がありますが、ファンダイビングはより自由に海の世界を楽しむことが出来ます。
その為にはライセンスの取得が必要になりますが、海外でも通用する為、どこの海でもダイビングを自由に楽しむことが出来る魅力的なライセンスです。
ファンダイビングのライセンスを取得する際の注意事項はいくつかあります。まず、泊まり込みで集中してライセンスを取得するにしても、2~3泊程度の日数を要します。
ダイビング後は減圧症を防ぐため18時間以上の時間を空けて飛行機に搭乗する必要があります。当日に飛行機に乗って帰ることは難しいため、その分も含めた日程の調整が必要です。
年齢は10歳以上であることが条件です。高齢になってもダイビングを楽しんでいる人はたくさんいますが、教室によっては講習を受ける前に診断書の提出を求める年齢が決められている場合もあります。
呼吸器や循環器を始めその他の持病がある場合にも注意が必要です。事前に病院へ行き、てダイビングに支障がないかを医師に確認して診断書を提出を求められる場合もあります。
妊娠中のダイビングもNGと言われています。

ファンダイビングの安全性

ファンダイビングの安全性 ライセンス所持者がダイビングを行うことをファンダイビングと言います。
ファンダイビングにおいて、その安全性は自己責任と言われています。つまり、自分の身は自分で守る必要があるということです。
その為にはダイビングの技術は勿論、海の危険性を理解し、それに対する知識を身に着け、備えを十分にする必要があります。
海に入るに当たって、自分の体調に異常が無いかどうか確認します。少しの異常が事故に繋がる可能性があるので、万全の状態で臨む必要があります。
次に道具の確認です。
特にタンクは水中での生命線であり、ガス中毒やエアー切れなどの事故に繋がることもあります。異常がないことを確認し、その残量をこまめに注意してダイビングを行う必要があります。
そして、ソロダイビングは行わず、常に二人以上でダイビングを行うことも大切です。また、海には危険性のある生物がいます。そういった生物には近づかず、決して触らないように注意する必要があります。
また周囲を確認し、危険な生物が近づいていないか、または接触時の対処法を身に着けておくことも重要です。危険のリスクを下げることにおいて、セーフティグッズの携帯も重要となります。
遭難時に役立つ道具として、フロート、ホイッスル、ミラー、ライト、マーカーなどの道具があります。
また、自分の状態を知ることのできるダイブコンピュータ、海藻やロープなどに絡まった時の為、ナイフなども有用です。
事故のリスクを減らし、自分の技量に合ったダイビングを行うことが肝要です。

「ダイビング」関連の情報リンク

沖縄の慶良間にあるダイビングショップのサイト

沖縄ダイビング 那覇 慶良間

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>